もも花の次世代フラ

 

  

 

 

 

 

 

 

 

マイベストプロもも花掲載もも花のプロフィール&マスコミ履歴もも花プロのコラム

 

 

 

日本のHula Revolution

 

フラの技術革命

 

 

万物は変化する。

 

あるがままに。

 

一つのところに留まっていたら進化はなし。

 

変化のないところには 成長もなし。

 

 

 

もも花(モモカ)が提唱する次世代フラは、フラの振付やステップをフラの枠だけにに留まらず

他ダンスの技術を融合させ豊かに進化させる事で

 「洗練されたダンス」 として表現・芸術性・技術力に広がりを持たせる事

また、フラメソッドを統一させる事でダンスとしての技術向上を図り

日本のフラとして可能性を追求していく新しい形のフラの在り方です

 

 

変えてはいけないもの と 変わるべきもの  

 

もも花フラメソッド

 

 

Hawai'ianHula伝統的スタンス アイハ

(普遍的なもの)

ハンドモーションは常にflow

(調和性)

Manea

(進化・発展・可能性)

 

 

 

 

 

 もも花がフラによせる思い

 

 

 私はフラが大好きです

これまでの人生においてフラに接する事により

数えきれないほど沢山の恩恵を授かりました

また これからもフラによって多くの豊かさを得られる事でしょう

フラが大好きで大切にしたいからこそ あえて正直な思いを書きます

閉鎖的・抑圧的な フラ教室の在り方や指導者の在り方にとても疑問を持っています

言うまでもありませんがハワイのフラに敬意を表し 

アロハ精神を大切にする事は勿論な事です

日本のフラを今日まで成長・発展・普及に努めてくださった多くの先達の方に

深く感謝し 敬意を持っていることは今も変わりはありません

しかし ハワイのフラに必要以上に 「依存的なかかわり」 を求め

教祖や神のように盲信的に崇拝し 執着している事や

本質を無視したうわべだけの精神論に傾いている事には正直なところ危惧を覚えます

 

他のダンス・舞踊と同様にもっと技術的な進歩を遂げる事や

自立性や主体性を発揮させ

日本人の感性で新しい形のアウアナフラの枠組みを作ると共に

フラメソッドの共有化を目指したいと思っております

 

フラの魅力は年齢を問わず幅広い世代が踊れるという事です

これはとても素晴らしい事だと思います

しかし まだまだ、一般の人が抱くフラのイメージ・認識は

フラダンス

オバサン ・ やぼったいダンス ・ ダンス経験のない人がするダンス

太った人がするダンス・年を取ってから始めるダンス ・ 誰でも踊れる簡単なダンス ・

技術を必要としないダンス ・ 洗練されていないダンス etcです

 

 一般的なこのようなイメージ・言葉を聞くとさびしい思いを覚えると同時に少々腹立ちもします

しかし正直に言ってその通りだと私も感じております

 

私はフラに限らず “踊り”が大好きです

踊る事自体に喜びを感じます。

また 数多くあるダンスの中でも フラは私を解放できる一番のダンスでもあるので

このようなフラのイメージを払拭したく思い 日本人のダンスが好きな方に

10代 20代の若い世代の方にフラのメソッドが幅広く受け入れられるように 

私は次世代フラを提唱しております

 

 

 日本のフラ発展のために

 

日本にそぐわない概念を撤廃!ワヒネ・クプナで分けるのは古い!

 

 

“フラレッスンにおいてワヒネ・クプナで分ける”

高齢化社会の日本には この概念は時代遅れです

特にフラをはじめる人は他のダンスと違い

30歳を過ぎる高齢ではじめる人がとても多いのが特徴です

ワヒネ・クプナの概念で年齢に制限を設けていると

ダンスとしての発展性や個人の可能性も摘んでしまう結果つながるのではないでしょうか?

年齢に関係なく、筋力が若く頭が柔軟であれば、いくつになっても素敵なダンスが踊れます

 

ダンス歴の長いわたしの実感です

 

 

 

Copyright  (C) ももふら All Rights Reserved